ワインの白と赤!違いは?初心者が飲みやすいのはどっち?

 
 
二十歳になったし、ワインに挑戦!
 
 
ワインに白と赤があるけど、
違いって何?

色は違うのわかるけど・・・
 
 
ワインの、
白と赤の違いを知りたい!

こう思ってる方が、
いるのではないでしょうか?
 
 
 

スポンサードリンク


 
 
 
二十歳になったし、
今まで飲めなかったお酒も、
飲めるようになり、
ワインに興味津々!

という方も多いでしょうヽ(´3`)ノ
 
 
そんな時に、
ワインに白と赤があるけど、
どう違うの?って事。

色だけ見てると、
白は酒っぽいけど、赤は
ファンタグレープの感じが・・・( ̄▽ ̄;)

もう子供じゃないんだし、
バカな事も言ってられません。。。
 
 
飲み会などもあるでしょうし、
お酒を飲む機会も、増えるだろうし。

せっかく飲むんだから、
飲みやすい方を、
飲みたいですから(・ω・A;)アセアセ

この際ワインの事を、熟知したい!
こう思ってる人もいるでしょう。
 
 
 
 
そんなアナタの為に、
ワインの白と赤について、
お教えします!

シッカリ読んで、
納得しちゃって下さいね~ヾ(゚∀゚)ノ゙
 

ワインの白と赤の違いとは?

 
ブドウから作るワイン!

ジュースだと思って飲んじゃうと、
エライ事に!!(;゚ロ゚ノ)ノ
 
 
ただ、ワインの味を覚えると、
癖になっちゃう( ̄¬ ̄)

そんなワインなんですが、
実を言うと白と赤だけじゃなく、
ロゼというワインを含め、
3種類あるΣ(`・Д・ノ)ノ
 
 
しかし今回は、白と赤のワインに、
焦点を当てたいと思いますので、
ご了承願います。


ワイン

 

ワインの白と赤の違いはコレ。
 

  • 白ワイン – 白ブドウを原料とし、皮や種を除き、絞り取った果汁を発酵させて造る
  • 赤ワイン – 黒ブドウを原料とし、果実丸ごと使い、絞り取った果汁を発酵させて造る

 
原料のブドウが、
大きな違いなんですが、
味もアルコール度数も、
違ってくるんです・・・
 

    【白ワイン】

  • 味 – 甘さに幅がある
  • 度数 – 10~15度
  • 料理 – 魚料理にあう

    【赤ワイン】

  • 味 – 辛口の渋み
  • 度数 – 15~20度
  • 料理 – 肉料理にあう

 
白ワインに甘口は多いですが、
辛口もあります。

白と赤を飲み比べて、
自分が好きな味を探すのも、
楽しみとなるのでは(。≧ω≦。)ノ

 
 
 
スポンサードリンク


 

ワインの効果とは?

 
ワインは健康にいいと、
聞いた事ありません?

ブドウに含まれる、
有名な栄養素と言われるのが、
ポリフェノール!

いっぱい詰まったブドウを
原料にしてるワインは、
健康にいいと納得出来ちゃう。
 
 
ただ、
何に効果あるの?
コレもよくわからないですよね。。。

調べてみると、
白と赤の効果は違うんですが、
女性に嬉しい効果がv(。・ω・。)ィェィ♪
 

【「赤ワインvs.白ワイン」美容効果が高いのはズバリどっち!? 】

    ●アンチエイジングなら赤!赤ワインの代表的な美容健康効果

  • 肌荒れの予防
  • 肌のハリと潤いの維持
  • 細胞の老化抑制
  • 活習慣病の予防
  • 脂肪燃焼を促進

ワインに含まれるポリフェノールには、強い抗酸化作用が期待でき、体内で発生した活性酸素を除去する働きがあります。活性酸素は、細胞の正常な働きを失わせ、シミやシワといった肌老化を招いたり、生活習慣病を招くこともあります。そんな活性酸素を除去するため、若々しい肌や身体の維持に効果的です。

また、最近では赤ワインに含まれるピセアタンノールという成分が、脂肪細胞の成長を防いだり、ポリフェノールには、脂肪を燃焼してくれる“褐色脂肪細胞”を活性させる効果が、期待できると言われています。
 

    ●デトックスなら白!白ワインの代表的な美容健康効果

  • 利尿作用
  • デトックス効果
  • 便秘解消
  • 健康な骨の維持

白ワインには、カリウムが豊富に含まれます。カリウムには利尿作用があり、余分な水分や老廃物が外に排出されるので翌朝のむくみ防止、デトックス効果が期待できます。また、“有機酸”という成分の含有量が多く、腸内環境を整える働きがあることから、お肌の大敵である便秘解消に効果的です。

さらに、白ワインはミネラルバランスが良いことも特徴のひとつ。カルシウム、マグネシウムが同じくらい含まれていて、骨を丈夫にする働きがあるともされています。

引用:http://www.biranger.jp/archives/108229

 
グビグビと空きっ腹で飲まず、
食事と一緒に、飲むのが効果的ヽ( ´¬`)ノ
 
 
赤、白ともに、
毎日グラス1~2杯程度が、
適量とされていますが・・・

ブッチャケ、
どっちが飲みやすいんでしょ?
 

どっちが飲みやすいの?

 
ワインの効果は、
よくわかりました(・ω・)
 
 
ところで、
ワイン初心者にとって、
飲みやすいのは、
どっちなんでしょ?
 
 
 
 
そこで、
おススメしたいのが、
白ワイン!


白ワイン

 

理由は、
 

  • 渋みの成分であるタンニンが微量
  • 赤ワインよりも口当たりが滑らか
  • 飲みごろの温度も低め

 
基本的に甘口が多い為、
冷やされてると美味しく、
違和感なく飲めちゃいます(●´3`)~♪

赤ワインは、渋みが多い為
初心者には、
口当たりも悪く感じると・・・

慣れれば、
その渋さがヤミツキに( ̄ー+ ̄)キラーン
 
 
実際にワイン愛好家が好むのが、
赤ワイン

私自身味もよくわからず、
どっちも飲むんですが(;´д`)ゞ
 
 
 
赤ワインより白ワインのほうが、
幾分度数も低いので、
甘口の冷えた白ワイン!

コレをまず飲んでみましょう。

そこから辛口に向かっていけば、
ワインの違いも分かり、
楽しく飲めちゃいますよヽ(・∀・*)ノキャッキャ
 

まとめ

 
今回、
ワインの白と赤について、
解説しました。

どうだったでしょうか?

ワインが、
体にいいって事は理解出来たでしょうが、
飲み過ぎは駄目って事ですね・・・
 
 
まとめると、
 

    ワインの白と赤の違いとは?

  • 一番は、原料のブドウが、白か黒と違う!

 

    ワインの効果とは?

  • 女性に嬉しい、美容効果がある!

 

    どっちが飲みやすいの?

  • 甘口の白ワインが、飲みやすい!

 
飲みやすいといって、
飲み過ぎもいけません。
 
 
飲み過ぎは、美容の大敵

チャンポンも、
いけませんが・・・∑(ー言ー;)
 
 
味わいながら、
適度に、
飲んじゃいましょうΣ(゚Д゚;)ギクッ
 
 
 

スポンサードリンク

コメントを残す