羽子板の意味とは?なぜ羽根つきで使うの?

 
 
「今朝、女の子が生まれたんだって!!!」
「正月に羽子板贈らんとな!!」
 
 
でも・・・・羽子板?
意味って何よ?
羽子板の意味を教えてよ!!!
羽根つきする板でしょ?
 
 
姉ちゃんが嫁いで2年・・・
とうとう姉ちゃんに、子供が生まれた。。。

親父にすれば、初孫!!!
だからか、メッチャ喜んでた。。。
 
 
そりゃ嬉しいだろうね~!
自分の子供が、子供を産んだ!!!
ってなったなら、そりゃ感無量でしょうに。。。
 
 
 

スポンサードリンク


 
 
 
親父、涙もろいから。+゚(゚´Д`゚)゚+。
うれし涙っていうやつですな・・・( ̄▽ ̄;)

って、羽子板がど~のこ~の言ってたけど、
何で羽子板なんよ?

今は、喜んどけ!っつ~の。。。( ̄o ̄;)ボソッ
 
 
でも、なぜ親父は、
羽子板がど~のこ~の言ったんでしょ?

女の子が生まれて羽子板?(・ω・)?

羽子板って、羽根つきするアレでしょ?
なんで贈んよ?意味がわかんねぇ・・・??(・⊿・)
 
 
 
 
そんなアナタの為に、
羽子板についてお教えします!

参考にして、
悩みを解決しちゃいましょう♪
 
 

羽子板とは?

 
まずは動画で、
羽子板で羽根つきしてるのを、
見てみましょう!

イヤイヤイヤ~、
コレ絶対に難しいっすよ・・・(´゚ω゚`)




 

    羽子板とは?

  • 羽子板(はごいた)は、長方形で柄のある板で、飾り用の羽子板と遊戯用の羽子板の2種類がある!

 
どおりで、
飾り用の羽子板で羽根つきをしたら、
不便だろうな~って思ってたんよねぇ。。。
 
 
動画のような板だけなら、
羽根をうちやすいやろし・・・
って、それでも難しいわ。

板の幅も狭いし~。。。(-∀-)
 
 
ところで、
羽子板の意味って何なんでしょ?

 
 
 
スポンサードリンク


 
 

羽子板の意味とは?

 
羽子板っていうと、
一番最初に思い浮かぶのは、
正月に着物を着た子供が、
羽根つきをする光景
ではないでしょうか?

ガラスケースに入ってる、
華やかな羽子板や、浅草の羽子板市!


羽子板市

 

羽子板が、
2種類あるからでしょうけど。。。
 
 
 
羽子板の歴史は古く、
室町時代には無病息災の願いが込められて、
「こぎの子勝負」といった羽根突き大会が
行われていました!

こぎのこて・・・(。・д・)……
 
 
って、無病息災
なんで無病息災なの?
 
 
実際、室町時代の文献に、
「正月に羽子板を用いた」
と残ってるんです!

文献に残ってるから、無病息災なの?

うっせぇな イライライラ((怒´°∀°`))イライライラ
 
 
 
羽子板の無病息災を願いが込められてる
意味を知るには、羽根つきの理由
っていうのを知る必要があるんだよ!( ̄д ̄)r-oO…ハァ
 
 

羽根つきの理由とは?

 
羽子板で羽根つきをした!っていう文献が、
室町時代のモノって言いましたが、
羽根についてる黒い実。

無患子(むくろじ)という木の実に、
羽をつけたモノ。

子が患(わずら)わ無い
って書かれる為に、無病息災の意味が
込められている!という・・・

こじつけっぽい。。。(´-ω-`;)ゞポリポリ
 
 
 
羽子板は別名、
胡鬼板(こぎいた)とも呼ばれ、
羽子板で突く羽根を、
胡鬼子(こきのこ)と言います。

昔は、蚊に刺されて伝染し、
亡くなる子供も多かった。

その憎っくき蚊を食べるのが、
トンボと思われてました!
 
 
そこで羽根を、トンボに見立てて、
蚊を食べてくれぇって思いで、
突き合った
という。。。

ほんまかよ・・・(´・д・`)ボソ
 
 
ここで疑問になるのが、
なぜ正月に?負けて顔に墨を塗る理由は?
って事!


考える

 

これにも、ちゃんと意味があるんです!
 

    【羽根つきを正月にする理由】

  • 末広がりの形をした胡鬼板(羽子板)で胡鬼の子(羽根)を突き、その年を祈願したから

 

    【負けて、顔に墨を塗る理由】

  • 鬼が、墨のような黒い色を嫌うというところから、魔よけの意味をこめて塗るようになった

 
これが、時代と共に確立していき、
江戸時代には武家で女の子が生まれると
羽子板が贈られるようになり、
徐々に庶民に浸透していったという経緯が!
 
 
ここでまた疑問が!(゚⊿゚)イラネ
なぜ女の子に贈るんでしょうか?

もぉぉぉぉヽ(☆`Д´メ)ノ
 
 

羽子板が女の子に贈られる理由とは?

 
ここで疑問なのが、なぜ羽子板は
女の子が生まれると、贈られるの?
っていう事では、ないでしょうか?

・・・

引っ張るね~・・・(・`ε・´○)チェ
 
 
その理由として、女の子の遊びとして、
浸透していたというのが、大きな理由

昔は、
 

  • 男子の神事として、蹴鞠(けまり)
  • 女子の神事として、毬杖(ぎっちょう)

 
毬杖(ぎっちょう)とは、
木製の槌(つち)をつけた木製の杖を振るい、
木製の毬を相手陣に打ち込む遊び。

ん~ゲートボール?

この木製の杖が羽子板に変化し、
女子の遊びとして羽根つきが、
定着していったのです!
 
 
それが、
 
 
羽子板=女の子

ってなったんですよね。(´・∀・`)ヘェー

 
ここで女の子が生まれると、
誰がいつ頃贈るの?って事。
 

  • 贈る人=母方の実家
  • 贈る時期=12月初旬ごろ

 
って言われてますが、贈るのは、
誰が贈ってもいいと思うんですがね~・・・

こればっかりは、
気持ちの問題ですから。。。(´゚ω゚`)
 
 
ただ、羽子板を飾る時期というのが、
12月下旬から1月中旬まで飾るとされてますし、
やはり12月初旬が、一番いいでしょうね。

羽子板っていうのは、
奥が深いモノなんですね!!!
 
 
それにしても、
羽根つきは絶対難しいって!

バトミントンのほうが、
絶対簡単。。。(。-ε-。)ボソッ
 
 
 

スポンサードリンク

コメントを残す