アルペンルートの料金とは?ツアーと個人旅行のどっちがいいの?

 
 
アルペンルートの料金って?
 
 
テレビで、
立山黒部アルペンルートが、
開通すると言ってたんですが。

どんなルートか知ってます?
 
 
 
そもそも、
アルペンルートに行くのに、
どれだけの料金が
掛かるのかさえ知らず
(;´д`)ゞ
 
 
 

スポンサードリンク


 
 
 
無料のわけ、
ないでしょうし。。。
 
 
 
 
そもそも、
どこにあるんでしょ?

エェ━Σヾ(・ω・´;)ノ━!!!!

そういう人も、
必ずいますって・・・

私もそのうちの、
1人なんですが∑(゜口゜;)何っ!?
 
 
だって、
興味のあることじゃ~なきゃ、
なかなか知らないモノ∑(ι´Дン)ノ

チョット行ってみたいと思うと、
いろいろ調べてみたく、
なるんですがね。。。

アルペンルートとは、何なのか
料金ってどれくらいかかるの
っていう事も。。。

ツアーがいいのか?
個人旅行がいいのか?
って事も、知りたくなっちゃう。
 
 
 
 
そんなアナタの為に、
アルペンルートについて、
解説します。

参考にして、今年は直接、
行っちゃいましょう♪
 
 

アルペンルートとは?

 
 
まずは動画で、
アルペンルートに行ったのを、
見ちゃいましょう!

これは、
わかりやすいヾ(;☆ω☆)ノ



動画の内容は、
お笑い芸人の鈴川絢子サンが、
立山黒部アルペンルートに行ってきたのを、
撮影されてるもの。

富山県側から入って、
長野県側に出る。

説明入りで、
分かりやすい!∑(゜∀゜)
 
 
 
 
正式名称の立山黒部アルペンルート(たてやまくろべアルペンルート)は、
富山県中新川郡立山町の立山駅と、
長野県大町市の扇沢駅を結ぶ、
大規模な山岳観光ルートを言います

図で見てもらったほうが、
わかりやすいですね。


tateyama
参照:http://www.alpen-route.com/

動画と上記図を見比べると、
わかりやすいです(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

上記図の、
立山駅から黒部ダムまでが富山県!

信濃大町から赤沢岳途中までが、
長野県って事なんです。
 
 
 
 
立山黒部アルペンルートの中で、
黒部ダムも有名なんですが、
一番人気が、雪の大谷!

蛇行しながら23㎞ある高原道路は、
高さが20m近くある雪の壁に、
覆われてます((φ( ̄Д ̄ )ホォホォ

1月下旬から除雪を開始し、
2017年は4月15日に全線開通するという(゚Д゚)ホォー

    【雪の大谷概要】

  • 開催期間:2017年4月15日~6月22日
  • 開催時間:■平日 10:00~15:15 ■土,日,祝日 9:30~15:15(どちらも入場は15:00まで)
  • 料金:無料(会場までのアクセス有料)
  • お問い合せ:立山黒部貫光㈱営業推進部・℡076-431-3331(平日8:30~17:30のみ)


雪の大谷【富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂外11国有林】

動画で見てると、
あっという間に着いちゃうように、
見える・・・
 
 
 
ところで料金は、
どれくらいいるんでしょ?

 
 
 
スポンサードリンク


 
 

アルペンルートの料金とは?

 
 
立山黒部アルペンルートの全貌は、
理解出来ましたよねヾ(´^ω^)ノ♪

乗り物を乗り継いでいく、
観光ルート!


雪の大谷
参照:http://www.toyama-brand.jp/TJN/

相当遠い距離というイメージが
あるでしょうが、
なんと驚愕の事実が!!!(;゚ロ゚ノ)ノ

富山県の立山駅から長野県の扇沢駅まで、
直線距離にして、25㎞たらず( ゜д゜)ンマッ!!

最大高低差は 1,975m・・・ヮ(゚д゚)ォ!

こういう自然満載の場所って、
なかなかありませんよね。
 
 
 
行ってみたいと思えば、
気になるのが料金!

それがコレ。

【料金表】

場所 移動手段 時間 料金 有料荷物運搬金
立山駅~
美女平
立山ケーブルカー 7分 大人:720円
  (往復1,290円)
小人:360円
  (往復 650円) 
無料
美女平~
室堂
高速バス 50分 大人:1,710円
   (往復3,020円)
小人: 860円
   (往復1,510円)
300円
室堂~
大観峰
立山トンネル
トロリーバス
10分 大人:2,160円
  (往復3,240円)
小人:1,080円
  (往復1,620円)
100円
大観峰~
黒部平
立山ロープウエイ   7分 大人:1,300円
  (往復1,940円)
小人: 650円
  (往復 970円)
100円
黒部平~
黒部湖
黒部ケーブルカー 5分 大人:860円
  (往復1,300円)
小人:430円
  (往復 650円)
100円
黒部湖~      
黒部ダム
徒歩 15分 無料 無料
黒部ダム~
扇沢
関電トンネル
トロリーバス
16分 大人:1,540円
  (往復2,570円)
小人: 770円
  (往復1,290円)
200円

    ≪有料荷物となる場合≫

  • 重量が10キログラムを超える荷物
  • スキー(1mを超えるもの)、スノーボード等

 
 
個人での1人分の料金が、
 
 

  • 立山駅~信濃大町(往復料金):大人:15,860円・子供:7,940
  • 立山駅~信濃大町(片道料金):大人: 9,650円・子供:4,830

 
 
乗り物だけであれば、
上記を目安に考えれば、
よろしいでしょう(´・,_,・`)フムフム

ちなみに乗車券は、
当日いきなり行って購入も出来ますが、
並んで購入∑(゜ロ゜ノ)ノ

そう考えると、
事前に購入しといたほうが、
楽です・・・

でも住んでる場所が県外なら、
絶対宿泊しなくちゃ~
行けない場所・・・
 
 
 
ツアーがいいのでしょうか?

それとも、
個人で宿泊するのが、
いいのでしょうか?
 
 

ツアー?それとも個人旅行がいいの?

 
 
立山黒部アルペンルートの、
ツアーを検索すると、
日帰りや宿泊で、
いろんなプランが、出てきます。
 
 
 
ツアーのメリットとデメリットを、
チョット掲載しときますね。

    【メリット】

  • 料金が安い
  • いろんなプランがある
  • 人との出会いがある
  • 何かがあれば、旅行会社が手配してくれる

 

    【デメリット】

  • 団体行動がほとんどで、単独行動出来にくい
  • キャンセル料が、大きい

この他にも考えられるでしょうが、
パッと思いつくのが、
こんな感じでは?

料金が安いというのは、
最大の魅力でしょうね(≧▽≦)
 
 

  • ガソリン代も、気にならない!
  • 運転も、しなくていい!

 
 
例え渋滞に巻き込まれても、
寝ればいいですし♪
 
 
 
ただ、小さいお子様連れの場合
団体行動は、チョット厳しいかも。

こればっかりは、
家庭の事情も考慮して、
ツアーか個人旅行の選択
されるのが、
いいでしょうね。





上記サイトでは、
立山黒部アルペンルートの特集がありますし、
いろんなプランが、掲載されてます。
 
 

  • ホテル宿泊予約が面倒!
  • 交通費や宿泊費を、安くしたい!

 
 
こんな人には、
ツアーがいいでしょうね。
 
 

  • 団体行動は無理!

 
 
こんな人は、
個人旅行にしたほうが、
いいでしょう。

人それぞれ、
いろんな思いがあるでしょうし、
自分にあった、方法を選ぶ

これが、
旅行を楽しむ秘訣なのでは
ないでしょうか?
 
 

まとめ

 
 
今回、
立山黒部アルペンルートについて、
解説しました。

どうだったでしょうか?

旅行は計画が、
重要になってきますね。

■今日のまとめ■

    アルペンルートとは?

  • 立山駅と扇沢駅を結ぶ、大規模な山岳観光ルート!

 

    アルペンルートの料金とは?

  • 立山駅~信濃大町(往復):大人:15,860円・子供:7,940円!
  • 立山駅~信濃大町(片道):大人: 9,650円・子供:4,830円!

 

    ツアーがいいの?個人旅行がいいの?

  • 自分自身の都合に合わせ、選択するのが一番!

アルペンルートの事が
いろいろわかり、
早く行ってみたくなりましたヽ(・∀・)ノ

早速ツアー検索しないと、
いけませんねε=ε=(ノ≧∇≦)
 
 
 

スポンサードリンク

    関連記事

コメントを残す