「気になるジョ!」をSNSで応援しよう!

掛布雅之の名言!「4番が負けの責任を一人で負うことで…」に隠れた内容は?

元プロ野球選手

 
 
掛布雅之かけふまさゆきは、4代目のミスタータイガースと言われた人物。全盛期はホームランを40本以上、かっ飛ばしていましたよ。
 
 
そんな掛布雅之の名言は、どのようなものがあるのでしょう?隠れた内容はあるのでしょうか?今回はその辺を、見ていきたいと思います。

 

 


「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

掛布雅之の名言の意味とは?

 
掛布雅之は、阪神タイガースで4番を打っていた有名な人物。1985年には、リーグ優勝・日本一に貢献したのです。


 
 
名言がこちらになります。
 

4番が負けの責任を一人で負うことで、他の選手の負担を減らせるんです。

 
この内容は、2013年のゼネラルマネージャー付育成&打撃コーディネーター(DC)時に、インタビューされて出た言葉ですね。
 
 
意味がこちらになります。
 

もしチームが敗戦しても4番が打てないから負けたということにすれば、他の選手は次に向けて頑張れます。それだけ4番の役割は、チームにとって大きな存在なんです。

 
チームの顔として、自覚させる言葉ですね。
 
 
責任感というものは、人を大きく成長させます。もし無ければなんのプレッシャーも感じないので、飛躍することもありません。当然のごとく、1球1球に魂を込めている野球の世界では通用しないのです


 
 
勝つか負けるかという極限状態が自身を大きく成長させ、他の選手の負担を軽減させます。主力選手がのびのびと活躍できれば、結果的に勝利にも結び付くのです
 
 
掛布雅之のような4番打者がいて、阪神タイガースはとても心強かったと思いますよ。名言には、このような内容が隠れていたのです。
 

掛布雅之とはどんな人?

 
掛布雅之は1955年5月9日に母親の実家・新潟県三条市で生まれ、1歳の頃から父親の郷里千葉県千葉市中央区で育ちました。千葉県千葉市と言えば、幕張メッセがある場所ですね。


 
 
幼少期は野球ではなく剣道を始めましたが、防具を買ってもらえずに断念。その後、父のすすめもあって野球を始めたのです。

小中は野球漬けで過ごし、メキメキと上達して高校は習志野高校に進学。2年生時に四番・遊撃手として1972年夏の甲子園県予選を勝ち抜き、甲子園出場を果たしました。残念ながら3年生時は準々決勝で木更津中央にサヨナラ負けをし、甲子園には届かなかったのです。

その後、1973年に阪神タイガースの入団テストを受け実力が認められ、ドラフト6位指名されて入団することになりました。
 
 
現役時代の身長が175センチ・体重77キロ。小さい体でのホームランバッターだったので、当時の日米野球で対戦したメジャーリーグ選手に驚かれていたようですよ。
 

掛布雅之の功績とは?

 
掛布雅之は高校を卒業して15年、阪神タイガースに在籍しました。その間には、本塁打王3回・打点王1回・最多出塁数2回通算で1,656本のヒットを打ちましたが、残念なが名球会入りを果たせませんでした。

それでも表彰は、ベストナイン・ダイヤモンドグラブ賞・オールスターゲームMVP・月間MVP・ベスト・ファーザー イエローリボン賞と、多くを受賞していますよ。

ここまででも阪神タイガースはもちろんのこと、日本プロ野球界でも大きな功績を残したのです。
 
 
引退後はメディアでもいろいろ出演し、活躍の場を広げています。さらに『新・巨人の星』・『野球狂の詩』・『すすめ!!パイレーツ』といった、漫画にも出場しているのが驚きですね。


 
 
ちなみに掛布雅之は阪神タイガースだけ在籍の、33歳の若さで引退しました。4番が務まらないと思い、ユニホームを脱いだのです。惜しまれながら球場全員が涙するのは、阪神愛が強く責任感のある男だったのでしょうね。
 

掛布雅之が野球で成功した理由とは?

 
掛布雅之は、阪神タイガースで15年の野球人生を全うしました。その後、野球評論家や野球解説者、DC(ゼネラルマネージャー付育成&打撃コーディネーター)や二軍監督と、野球に関わってきたのです。ここまでいくと、野球で成功したと言っても過言ではありません。


 
 
では、なぜ成功できたのか?やはり、「4番が負けの責任を一人で負うことで、他の選手の負担を減らせるんです。」の名言が、大きくかかわってくるのです。
 
 
というのも、掛布雅之が入団した当時はチームの主砲が田淵幸一で、4番としてチームを引っ張る大きな存在でした。しかし1978年のオフに西武ライオンズへ移籍。

その際にこれまで負担を軽減させてもらっていたことがわかり、改めて主砲の偉大さを実感したのです。それから掛布雅之は中距離打者でしたが、4番として長距離打者になる道を選びました。
 
 
練習に取り組む姿勢は凄く、阪神タイガースOB会副会長を務める本間勝氏がこのように言ていましたよ。
 

私の記憶の中に、いまだ鮮明に残っているのは、素振りである。全く人を寄せ付けない、凄まじい雰囲気の中で始まる。初めて遭遇したのは1983年、ハワイはマウイ島で行われたキャンプだった。場所はホテル前の浜辺。一人、黙々とバットを振る掛布がいた。バットを構える。一点をじっと見つめる。その目は鋭い。一本足で立つ。数十秒間静止する。精神を統一する。『ハッ』―気合の声を発してバットを振り下ろす。集中力を高める。何度も何度もスイングを繰り返す。まるで何かに取りつかれたようだ。他の事など見向きもしない。ピーンと張りつめた緊張感。周りはバリアで囲まれているかのようで、近寄れない雰囲気。よく目にした光景だったが、私、一度たりとも近づくことができなかった。野球に取り組む姿勢がかもし出すバリアなのか。威圧感を感じた。遠巻きに見ていて“凄い”のひと言。納得するまでその素振りは続いた。

引用:月刊タイガース

 
ホームランバッターになるために、いろいろ試行錯誤して考えていたようです。責任感が強く感じられますね。
 
 
また特徴のある一本足のバッティングホームだったのも理由があるようで、このように言っていますよ。
 

『僕は体が小さいので、それでいて遠くへ飛ばそうと思ったら、スエーではないけど、体をぶつけていかないとホームランを打てない。体を移動させるタイミングを計るためにやっていた』

引用:月刊タイガース

≪スエーとは≫
スウィング中に体を横方向に揺さぶる動きのゴルフ用語。

 
 
ホームの甲子園でホームランを量産するため、秘策も考えていました。
 

甲子園球場で本塁打を量産するために、左打者にとっては厄介な存在であった浜風と喧嘩するのではなく、逆に利用しようと研究を重ね、逆方向であるレフトスタンドへ本塁打を量産する、独特かつ芸術的な流し打ちを身に付けた。以降、レフトへの本塁打が飛躍的に増え、球界を代表するホームランバッターの一人となった。

引用:Wikipedia

 
研究の結果としてバッティングフォームも確立し、打率もアップにつながっているのです。ちなみにもっともホームランを打った1979年の成績が、打率327・ホームラン48・打点95。ここまでの成績があれば、何とも素晴らしいこと。
 
 
このように掛布雅之は、4番としての自覚と責任感ある行動をとったこと。またいろいろ試行錯誤しながら練習に取り組んだことが、野球で成功した理由ではないでしょうか?
 
 
私は世間に名を残したいと思い、只今奮闘しています。その中でも文章力を極めたく、毎日記事を書くようにしていますよ。さらに特訓として、お手本の書籍を書き写す写経を、毎日行っています。以前よりは文章力も上達していると、師匠に言われていますね。

私も掛布雅之のように試行錯誤しながら何でも取り組もうと、改めて実感させられました。
 

まとめ

 


応援よろしくお願いします。m(__)m

 
掛布雅之は長嶋茂雄をリスペクトしていて、以下のように考えて試合に取り組んでいたようですよ。
 

長嶋茂雄のことを敬愛している。デビューした年の5月21日の対巨人戦でプロ入り初安打を記録したとき、掛布は三塁を狙ったが長嶋にタッチアウトされた。しかし、「憧れの長嶋」にタッチされたことが嬉しくてたまらなかったという。長嶋は掛布の結婚披露宴で「君には巨人戦で数多くのホームランを打たれて悔しい思いもした。だが、君は千葉の後輩なんだ。悔しいが、誰にも負けない大きな拍手を、心から君のホームランには贈っている」とスピーチし、掛布も「長嶋巨人を倒すことが長嶋が最も喜ぶことだ」と考えたという。

引用:Wikipedia

 
過去に長嶋茂雄について、書いた記事があります。お時間がある際にお読みいただけるとありがたいです。

長嶋茂雄の名言!「ウサギとカメならカメでいい・・・。」の隠れた内容とは?
長嶋茂雄ながしましげおと言えば、巨人軍の名監督として有名な人です。多くの選手を育て、リーグや日本シリーズでも優勝を成し遂げていますよ。障害を持たれても元気な姿を見せてくれ、勇気をもらえます。 そんな長嶋茂雄の名言には、どん...

 
 
やはり成功するには、目標となる人がいることも重要になるのでしょうね。
 
 
 


あのデーブ大久保氏も大絶賛!!元PL学園~読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開します。【野球・ピッチャー】

コメント